So-net無料ブログ作成
検索選択

微粒子フィルムと粗粒子現像 [HASSELBLAD 553ELX]

同じダリアも、フィルムと現像でこんなに違う。 
微粒子フィルムのRollei RETRO80S(ノーマル現像)と、ISO400のフィルムHP5の粗粒子(増感・高温)現像。
フィルムは美しく、奥深く、 そして楽しい!
 
 
HASSELBLAD 553ELX,S-Planar 120mm F5.6
ILFORD HP5,Rollei RETRO 80S
 
 
20140929
 
 
20140929

作品づくりへの道(モノクロプリントの世界) [RX100]

今では経験者の数も少なくなった、モノクロフィルムからの作品づくりをご披露します。
 

1410060511_IMG_0405.JPG
 当たり前ですが、フィルムカメラ&モノクロフィルムで撮影します。
 
 
1410053201_IMG_0327.JPG
撮ったフィルムを現像。特に暗室は必要ありません。
 
 
1400481113_IMG_7288.JPG
音楽でいえば楽譜に相当する大事な大事なネガが完成。
 
 
1410058056_IMG_0380.JPG
 印画紙の種類やサイズを決めます。写真展用なのでバライタ印画紙をチョイス。
 
 
1410057252_IMG_0366.JPG
 撮影レンズに拘るのなら、引き伸ばしレンズにも拘るべき。
 
 
1410058005_IMG_0379.JPG
暗室で、引き伸ばし機にフィルムと印画紙をセットして焼き付けます。
露光時間やフィルターで濃度やコントラストを調整しつつ、部分的な焼き込みや覆い焼きでイメージを追い込みますが、印画紙自体にその変化が見える訳でもなく、現像液に浸けて初めて結果が知れるという勘と経験の世界。その後、停止液、定着液の順で薬剤処理。
 
 
1410058177_IMG_0386.JPG
定着が終わったら、予備水洗~水洗促進剤~本水洗を経て自然乾燥。
 
 
1401587739_IMG_0363.JPG
乾燥後のバライタ印画紙は、カールが激しいのでドライマウントプレス機でフラットニング。
 
 
1410059423_IMG_0393.JPG
 仕上がり具合によっては、細部をスポッティング作業で修正。この時も失敗が許されない張り詰めた時間が流れます。そして、最後にサイン入れ。
 
 
1410051420_IMG_0301.JPG
この後、額装を施すことによって、ようやく作品が完成します! 


粗粒子現像とかフィルムはやっぱり面白い! [HASSELBLAD 553ELX]

1枚目は、イルフォードのISO400フィルム HP5の粗粒子現像。2枚目はRolleiのスーパンパンクロISO80フィルムのノーマル現像。3枚目は2枚目と同じフィルムだけど、仕上がりを想定して撮影時にフィルター使用。4枚目は、デジタルX-M1のjpeg画像(色補正)。
やっぱり、フィルムは楽しいね~。
さて、印画紙にはどれを焼こうかな♬ 
 
HASSELBLAD 553ELX,S-Planar 120mm F5.6,Rollei RETRO 80S,ILFORD HP5,X-M1,FUJINON XF60mm F2.4 Macro
 
 
20140907
 
 
20140907
 
 
20140907
 
 
20140906

横浜港臨港地区散策 [CONTAX G2]

横浜港シンボルタワーから、野毛まで歩くこと7.5km。
日曜日の臨港地区は、人影がまばらの上、突然廃墟があったりと、まるで探検の気分だった(笑)
 
CONTAX G2,Biogon 21mm F2.8,Rollei RETRO 80S
 
 
20140831
 
 
20140831
 
 
20140831
 
 
20140831
 
 
20140831
 
 
20140831
 
 
20140831
 
 
20140831

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。